読売新聞オンライン

メニュー

旬の食や工芸品 堪能を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

商業棟内の工房で製造されたどぶろくも販売される(浜田市で)
商業棟内の工房で製造されたどぶろくも販売される(浜田市で)

 はまだお魚市場 22日全面開業

 浜田市原井町の山陰浜田港公設市場「はまだお魚市場」が22日、全面開業する。飲食や物販が入る商業棟の内覧会には、関係者ら約40人が参加。新たなにぎわいや水産振興に期待した。

 市場では、鮮魚を扱う仲買棟が3月に一部開業したが、商業棟は、コロナ禍で先送りされていた。

 商業棟は2フロアあり、1階には県内の名産品や、石見焼、和紙などの伝統工芸品を扱う「ここマーケット」、どぶろくやクラフトビールの工房などが入居。2階はフードコートで、和食と中華、洋食の3店舗。地元産品を使った丼物やラーメン、旬の魚介類のスパゲティなどが味わえる。

 はまだお魚市場の長島正博・支配人は「地元の人や観光客に『行ってみたい』と感じてもらえる施設にしたい」と意気込んだ。

 仲買棟は土曜と市場公休日、商業棟は火曜が、それぞれ休館日となる。

無断転載・複製を禁じます
2225658 0 ニュース 2021/07/22 05:00:00 2021/07/21 22:07:22 2021/07/21 22:07:22 商業棟内の工房で製造されたどぶろくも販売される(浜田市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)