読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<エール@島根>八雲が導いた縁

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 松江でアイルランド料理店を営む アラン・フィッシャーさん

 松江とアイルランドは、文豪・小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)にゆかりを持つという共通点があります。

 松江市に料理店「巨人のシチューハウス」をオープンしたのは今年3月。東京に続いて店を構えたのは、母国の文化をより多くの人に伝えたいとの思いから。「リトル・アイルランド」と呼べるくらいに絆を深めるのが目標です。

 実は、アイルランド人はみんな五輪が大好き。小さな国だからこそ代表選手を懸命に応援します。私も同じで、ボートやボクシングなど好きな競技が気になります。母国と日本、それから兄が住むカナダを応援しています。

 選手たちに贈る言葉は「無我夢中で頑張れ!」という意味。2016年のリオデジャネイロ五輪で、ボートのアイルランド代表選手が語った言葉で、言い回しがユニークで気に入っています。異例づくしの五輪ですが、悔いが残らぬよう、全力で頑張ってほしいです。(聞き手・阪悠樹)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2236254 0 ニュース 2021/07/27 05:00:00 2021/07/27 05:00:00 2021/07/27 05:00:00 アイルランド料理店を営むフィッシャーさん(松江市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)