サクラエビ禁漁区設定 春漁で産卵場所保護

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 24日に解禁されるサクラエビの春漁について、県桜えび漁業組合は18日、由比港(静岡市清水区)で船主会を開き、主な産卵場所である沼津沖から興津川沖(静岡市清水区)を禁漁区とすることを決めた。記録的な不漁が続くなか、資源確保を図るためで、禁漁区を設けるのは初めて。

 自主規制ではこのほか、漁の前に必ず試験網でエビを採取し、産卵直前のエビが3分の1以上を占めた場合、その群れには網を投げないことも決めた。実際の漁で産卵直前のエビが多くの船で取れた場合、他の海域で漁を行い、状況によっては6月5日までとした漁期を早めに打ち切ることも考えるという。

 秋漁に続き、網をひく時間を最大10分とする制限も続ける。春漁の水揚げ量の目安は250トンとする。

 同組合の実石正則組合長は「規制をゆるめることなく、資源回復を第一に漁を行っていきたい」と話した。

 昨年の春漁では、水揚げ量が312トンと統計の残る1974年以降、最低を記録。秋漁には自主規制を設けて臨んだが、初の全面休漁に追い込まれた。

無断転載禁止
495968 0 ニュース 2019/03/19 05:00:00 2019/03/19 05:00:00 2019/03/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ