藤枝市が最高賞 コンパクトなまちづくり大賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 他のモデルとなるようなコンパクトなまちづくりを進めている自治体を表彰する「第1回コンパクトなまちづくり大賞」の総合戦略部門で、藤枝市の取り組みが最高賞の国土交通大臣賞に選ばれた。

 コンパクトなまちづくり推進協議会と都市みらい推進機構の主催。

 市は、JR藤枝駅南側の市有地を売却して商業施設とホテル機能を備えた「オーレ藤枝・ホテルオーレ」の建設を実現したり、産学官が連携した商業施設「BiVi藤枝」を整備したりした。駅北側では市街地再開発事業に着手し、拠点となる「FUJIEDA mikine(フジエダミキネ)」を整備。また、駅周辺の広場や道路空間を利用したイベントでにぎわいを創出している。こうした多彩な取り組みが評価された。

 6月14日に東京で開催される「まちづくりと景観を考える全国大会」で表彰される。

無断転載禁止
614021 0 ニュース 2019/06/01 05:00:00 2019/06/01 05:00:00 2019/06/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ