新型コロナ 経営悪化企業に融資制度 県最大5000万円 宿泊、製造業など想定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は、新型コロナウイルスの感染拡大で経営が悪化した中小企業を支援する新たな融資制度を始めると発表した。売上高が前年よりも大きく減ることを条件に、最大5000万円を貸し出す。県内の宿泊業や、中国に拠点を置く製造業の利用を想定している。

 融資期間は最大10年間で、年1・6%の固定金利とした。金融機関で申請でき、直近1か月の売上高や今後2か月の売上高の見込みが、前年同期比で10%以上減少する場合に認める。県が用意する融資枠は100億円で、足りなくなれば補正予算で追加する。

 この制度融資は、金融危機などによる県内企業の経営悪化を抑制する「経済変動対策貸付制度」の一つで、コロナウイルスの感染拡大を受けて条件を緩和した。県によると、影響が大きい中国湖北省と浙江省に拠点を置く県内企業は、製造業を中心に少なくとも42社49事業所にのぼるという。

 こうした融資制度の新設は2011年の東日本大震災と昨年の台風19号で例がある。県の担当者は「県内経済の屋台骨である中小企業の経営を支援し、景気の悪化を防ぎたい」と話している。

無断転載禁止
1051955 0 ニュース 2020/02/14 05:00:00 2020/03/09 17:08:24 2020/03/09 17:08:24

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ