読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タカアシガニ港に活気 戸田漁港 沼津

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水揚げされたタカアシガニ(10日、沼津市戸田の戸田漁港で)
水揚げされたタカアシガニ(10日、沼津市戸田の戸田漁港で)

 沼津市の戸田漁港で10日、底引き網漁が始まった。カサゴなどの深海魚をはじめ静岡県が全国一の漁獲量である「タカアシガニ」が水揚げされ、港は活気にあふれた。漁期は来年5月中旬まで。

 タカアシガニは、駿河湾や相模湾などの水深200メートル以上の深海に生息している。長い足と紅白のまだら模様が特徴で、大きいものは全長3メートル以上に達することもある。

 10日は午後3時頃に漁船が続々と港に戻ってくると、地元の飲食店や卸売業者がタカアシガニを買い取っていった。漁師の男性(43)は、「(漁獲量は)例年よりやや少なかった。海水温が高く不安はあるが、今後に期待したい」と初日を振り返った。

無断転載・複製を禁じます
1471488 0 ニュース 2020/09/12 05:00:00 2020/09/12 05:00:00 2020/09/12 05:00:00 水揚げされたタカアシガニ(10日午後4時55分、沼津市戸田の戸田漁港で)=青木瞭撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200911-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)