文字サイズ

    中学生の恋 見守った山

    雪の岩舟駅 再会と別れ

    • 田園風景の広がる中、JR岩舟駅へと差しかかる両毛線の電車。背後の荒涼とした岩船山が独特の雰囲気を醸し出す(12日、岩舟町で)
      田園風景の広がる中、JR岩舟駅へと差しかかる両毛線の電車。背後の荒涼とした岩船山が独特の雰囲気を醸し出す(12日、岩舟町で)

     東京の小学校で出会い、お互いひかれ合っていた貴樹と明里。だが明里は中学校進学と同時に岩舟町に引っ越し、離ればなれになってしまう。1年後、今度は鹿児島県に引っ越すことになった貴樹が、明里に会うため岩舟駅を目指す。待ち合わせは午後7時。ところが折からの大雪に見舞われる――。新海誠監督の3部構成の連作短編アニメ映画「秒速5センチメートル」の第1話「桜花抄」はこんな筋立てだ。

     このアニメのノベライズ(小説化)を手がけた作家の加納新太さん(38)は、岩舟駅の背後にそびえる岩船山を、「大きな赤っぽい肌の岩山」「平地のまんなかに、突然切りたった岩山があらわれるから、とても大きく感じる」と作中で記した。ロケハンに訪れたのは2008年2月。「朝起きたらちょうど原作と同じく雪が降っていたので、これはチャンスだと思って急いで出かけました」と振り返る。

     駅やその周辺、岩船山の山頂にある高勝寺などを見て回り、山上の展望台へ。「1時間ほど景色を眺めながら、ここで暮らすことになった明里の心情に思いを巡らせていましたね」

     新海監督の作品には、登場人物が高い塔やビルをじっと見上げるシーンが頻出する。「それは、人間が『世界とつながるためのアンテナ』を象徴していると思うんです。『秒速――』でも貴樹が新宿の高層ビル街を見上げたりしますし、岩船山もそう。だから逆に、高い所から俯瞰(ふかん)することで世界の側から人間を捉え、何か取り出せないかなと」。貴樹が主人公の原作とは反対に、明里の視点から書いた小説版は、その結実と言えるのかもしれない。

     青春時代の揺れる心と切ない思いをみずみずしく描いた新海作品には若いファンが多く、07年の公開後、ここを訪れる人の姿も目立つようになった。岩舟駅近くで食堂「こまば亭」を夫婦で営む渡辺幸子さん(61)は、「学生らしい男の子が1人で食べに来たりもしますね。出前の行き帰りに、写真を撮影している光景も見かけます」と語る。駅前にあるタクシー会社によると、北海道から来た人を乗せたり、中国からの団体客もあったりしたという。

     今月8日の大雪が山肌に残る12日。山頂の高勝寺はいつにも増して荘厳な雰囲気に包まれていた。地蔵菩薩を本尊とし、「日本三大子授け地蔵尊」として知られる寺だ。住職の旭岡知徳さん(53)は「昔は、貧しい家庭で口減らしせざるを得なかった子供をここで供養し、裕福になったら今度は子供を返してもらいにくる。そういう意味合いもあったようです」と説明する。

     「男の子と女の子の再会と別れを、子供の守り神でもあるお地蔵さんが見守っていた。岩舟駅を見下ろしながらそう考えると、身にしみましたね」。加納さんのつぶやきが脳裏によみがえった。

     「秒速5センチメートル」とは、散る桜の花びらが落ちる速度という。間もなく、作中でも美しく描写されていた桜の季節。これからも、まだ見ぬ無数の貴樹や明里たちが、この地を訪れ続けるに違いない。

    (福田淳)

    ■秒速5センチメートル

     新海誠監督は2002年、大人数による分業が常識だったアニメをほぼ1人で作り上げた25分の短編「ほしのこえ」を発表。完成度の高さで一躍注目を集め、文化庁メディア芸術祭特別賞も受賞した。

     04年には初の長編「雲のむこう、約束の場所」を公開し、07年の「秒速5センチメートル」は劇場公開3作目。いずれも、少年少女の心の距離をテーマにしている。岩舟駅周辺を選んだ理由を、新海監督は「中学生が一人で行くには遠く、大人にとってはたいしたことがない距離で北関東をイメージし、訪れた雰囲気で決めた」と説明する。ロケハンに基づいた緻密で美麗な背景美術も相まって、揺れる心情や成長が情感豊かに描かれている。

    • 岩舟駅前には、電車通学の学生向けに民間自転車預かり所が立ち並ぶ
      岩舟駅前には、電車通学の学生向けに民間自転車預かり所が立ち並ぶ

     11年公開の「星を追う子ども」、13年公開の最新作「言の葉の庭」など、主要作のDVDやブルーレイはコミックス・ウェーブ・フィルムから発売中(「星を追う子ども」はメディアファクトリー)。大成建設のテレビCMなども手がけている。

     「秒速――」の小説版は、新海監督自身による「小説・秒速5センチメートル」がメディアファクトリー、加納さんの「秒速5センチメートル one more side」がエンターブレインから出ている。

    ■交通案内■

     岩船山は標高172メートル。4月に栃木市との合併を控えた岩舟町のほぼ中央に位置し、町のシンボル的存在。かつては「岩舟石」を産出し、その景観や音響の良さなどから、特撮番組の撮影地や野外ライブ「岩船山クリフステージ」の開催地としても知られる。高勝寺は771年開山の古刹(こさつ)。(電)0282・55・2014。

     「こまば亭」は開業40年余り。うなぎや川魚料理、石臼でひいたそばが自慢。(電)0282・55・4685。いずれもJR両毛線岩舟駅からすぐ。

    2014年02月17日 10時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て