盆踊りで親しまれる八木節 全国に広めた「堀米源太」の地元・足利で継承

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

皆で踊れる日に向け、稽古を続ける八木節団体有志たち(6日、足利市八木節会館で)
皆で踊れる日に向け、稽古を続ける八木節団体有志たち(6日、足利市八木節会館で)
初代「堀込源太」の写真を背に八木節への熱い思いを語る渡辺さん
初代「堀込源太」の写真を背に八木節への熱い思いを語る渡辺さん

 かつて一世を 風靡ふうび した「八木節」は、長年盆踊りで親しまれてきた。全国的には群馬民謡の印象も強いが、大正時代に八木節をレコードで世に広めた堀込源太は足利市出身。地元では、今も名人「堀込源太」の名跡を守り続ける。新型コロナウイルスの影響で、盆踊りは相次ぎ中止となるが、再び皆で楽しめる日に向け、関係者は稽古に励む。

 ちょいと出ました 三角野郎が 四角四面の やぐらの上で――。今月6日、足利市福居町の「市八木節会館」に八木節団体の有志が稽古に集まり、太鼓、鼓、笛の軽快なお 囃子はやし に合わせ、威勢の良い歌声を響かせた。

 「八木節は、爽快なリズムと、自由に文句(歌詞)をつけられるのが魅力。心躍る陽気なテンポに、力強い歌声は、ロックみたいです」。同会館の羽川照男館長(72)が笑う。八木節には決まった文句がなく、人々は七七調の文句をつなぎ、数々の唄を生み出してきた。郷土の誉れ足利尊氏を歌った「太平記」、江戸時代の 侠客きょうかく を扱った「国定忠治」のほか、県の観光名所案内や防火PRなど曲数は数え切れない。

 八木節の発祥には諸説あるが、県内では、足利市堀込町で生まれ育った渡辺源太郎(初代堀込源太)(1872~1943年)が生み出したとされる。

 初代は、現在の足利市南部の福居町にあった例幣使街道の八木宿を中心に荷馬車を引く馬方で、歌いながら街道を歩いたという。各地の盆踊り唄を取り入れ、自分流にアレンジし八木節を完成させた。美声が評判を呼び、大正初期にレコード化されると、人気は全国区になり、東京・浅草に進出して活躍した。

 関東大震災(1923年)を機に活動拠点を地元に戻すと、近隣の埼玉や群馬での公演が増えた。群馬では熱狂的支持を受け、各地に招かれ、弟子入り志願者も殺到した。国定忠治など群馬ゆかりの曲も有名になり、群馬県桐生市の「桐生八木節まつり」は、3日間で50万人以上が訪れる一大イベントとなった。

 初代堀込源太の出身地・足利市でも、八木節は愛される。1979年に結成された市八木節連合会には現在、18団体約300人が所属する。定期大会を開き、子どもたちに指導し、保存・普及活動に力を入れる。

 初代のひ孫・渡辺一利さん(49)は現在、7代目を目指し、6代目の下で稽古に励む。渡辺さんは八木節と無縁だったが、しきりに誘ってくれた5代目が6年前に急逝したのを機に足利の八木節を受け継ぐ決意をしたという。

 新型コロナの影響で、発表や指導の機会が減り、八木節の衰退を懸念する声も多い。しかし、渡辺さんは「ひいおじいさんに始まり、大勢の思いがつながって八木節は100年続いてきた。たかだか2年のコロナ禍には負けない。来年の盆は、多くの人と八木節を歌って踊れるよう、しっかり練習してもっとうまくなる」と意気込んでいる。(おわり。井上暢)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2293538 0 とちぎ豊穣記 ~盆~ 2021/08/18 05:00:00 2021/08/18 05:00:00 2021/08/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210818-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)