移住・定住魅力を冊子に…那須塩原市

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画も制作

那須塩原市が作成した移住定住サポートブック
那須塩原市が作成した移住定住サポートブック

 那須塩原市は、市に移住・定住した人たちを紹介し、暮らしの魅力を伝える冊子「Ns LIFE」と、PR用動画を制作した。

 冊子は、B5サイズのオールカラー24ページで3000部作成した。那須塩原市に戻って働く「Uターン」や、同市に移住して働く「Iターン」をしたイチゴ農家やシンガー・ソングライター、ヨガスタジオやパン屋などを営む8人の移住者を取り上げ、首都圏など都会とは違う暮らしの価値を那須で見いだし、やりたいことを行いながら生活する様子を紹介している。

 また、冊子で紹介している8人の移住・定住者にインタビューした6分間の動画も制作した。動画は市のホームページで視聴できるほか、移住定住者向けのセミナーなどで流すなどして、広くPRするために使うという。

 市シティプロモーション課によると、那須塩原市内には大学がないため、高校を卒業すると市を離れて首都圏などに出て行く若者が多い傾向にあるという。担当者は「若者たちにも那須塩原市だからこそできる暮らし方のヒントを伝えられれば」としている。冊子は市役所のほか、那須塩原移住促進センター(大原間西)や「とちぎ暮らし・しごと支援センター」(東京都)などで配布している。

177943 0 ニュース 2019/01/23 05:00:00 2019/01/24 10:53:45 2019/01/24 10:53:45 那須塩原市が作成した移住定住サポートブック(17日午後、那須塩原市役所で)=鯨井政紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190123-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ