稚魚「全て雌アユ」成功 県水産試験場 養殖生産者に出荷

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県水産試験場(大田原市)は23日、「子持ちアユ」として高値で取引される雌アユの稚魚だけを育てることに成功し、県内の養殖生産者に出荷を始めたと発表した。水産試験場によると、全てを雌アユとして生産する技術は滋賀県や岐阜県などで実績があるが、技術情報の多くは公開されていない。水産試験場は、雌アユだけを効率よく生産することで、県内の養殖生産者の収益増が期待できるとしている。

 アユは通常、雌と雄が1対1の割合で生まれるため、商品価値の高い雌だけを生産するには、多くの稚魚から雌を選別する作業が必要だった。

 新技術ではまず、雌アユにホルモンなどを投与することで雄に変える。雌から雄に変わった親アユの精子を使って卵を受精させると、生まれる稚魚は全て雌になる、という仕組みだ。

 水産試験場は、県漁業協同組合連合会の要請で、2016年から技術開発を進めてきた。昨年秋、初めて雌から雄に変わった親アユ4匹の精子を使い、592万粒の受精卵をつくることに成功。出荷できる大きさに成長した稚魚が、23日から養殖生産者に送られ始めた。

 雄と雌が交ざった冷凍アユに比べて、子持ちのアユは、1キロあたり900円ほど高く取引されるという。今年度は、約60万匹の出荷を見込んでいる。

 水産試験場は「子持ちアユの生産量が増えることで、多様な消費形態が生まれ、アユの消費拡大にもつながるはず」としている。

無断転載禁止
551092 0 ニュース 2019/04/24 05:00:00 2019/04/24 05:00:00 2019/04/24 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ