四つ子カワウソすくすく 那須どうぶつ王国

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4月に生まれたメス3匹とオス1匹(12日、那須町大島の那須どうぶつ王国で)
4月に生まれたメス3匹とオス1匹(12日、那須町大島の那須どうぶつ王国で)

 6月4日までの臨時休園を決めている那須どうぶつ王国(那須町大島)で、世界で最も小さいといわれるカワウソ「コツメカワウソ」の赤ちゃん4匹が誕生した。

 9歳のオス「はっさく」と、2歳のメス「ナナ」の間に4月24日に生まれた4匹は、獣舎の中で母親と一緒に生活中。まだ目は開いていないが、母乳を飲みながらすくすく育っており、生まれたときに70グラムだった体重は250グラムに。体長も8センチから14センチまで成長した。

 コツメカワウソはインドネシアなどの沼地や湿地帯に生息している。世界で最小級のカワウソで、その愛らしい姿が人気を集めている。飼育担当の千葉友里さんは「無事生まれてくれてほっとしている。子育てが落ち着いたら、母親と一緒に展示場でかわいらしい姿を見てほしい」と話している。

無断転載禁止
1222813 0 ニュース 2020/05/16 05:00:00 2020/05/16 05:00:00 2020/05/16 05:00:00 生まれたのはメス3匹とオス1匹(12日午前11時42分、那須町大島の那須どうぶつ王国で)=割田謙一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200516-OYTNI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ