栃木「パートナー」第1号 市制度「待ち望んでいた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木市が性的マイノリティーの人たちの人権を擁護するため、今月から導入した「市パートナーシップ宣誓制度」で17日、第1号のカップルが誕生した。

 女性として生まれ、心は男性のFTMと呼ばれる人と、女性。2人はこの日、市役所を訪れ、市職員の前で所定のパートナーシップ宣誓書に署名して提出。大川秀子市長から直接、証明書が交付された。

 この制度は、20歳以上、未婚などの条件を満たしたカップルが対象。法律上の婚姻や親族関係は認められず、相続、税金の扶養控除などの法的効力は伴わないが、市では宣誓したカップルは家族扱いで市営住宅への入居を認める。県内では、鹿沼市も同制度を導入している。

 記者会見した2人は、「待ち望んでいた制度で、うれしい。皆さんの普通は私たちにとって、かなわないこと、特別なことだった。これから、もっと私たちのような存在を知ってほしいし、制度も変わってほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1634400 0 ニュース 2020/11/18 05:00:00 2020/11/18 05:00:00 2020/11/18 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ