読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

壬生町にコストコが県内初出店 オープン予定は来年8月 県内外からの誘客に期待

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

準備が進められる建設予定地(壬生町で)
準備が進められる建設予定地(壬生町で)

 米国発祥の会員制大型スーパー「コストコホールセールジャパン」(本社・川崎市)が来年8月に壬生町にオープンする予定であることが、複数の関係者への取材でわかった。県内では初の出店。県内外からの誘客を見込めることから、周辺経済への期待は大きい。

 コストコは、5月末時点で欧米やアジアで800店以上、国内では29店舗を展開している。会員制で、入会には年会費が必要。広大な敷地で、食料品や衣料品、日用雑貨、電化製品など幅広い製品を低価格で販売するのが特徴だ。関東では、栃木県だけが空白エリアとなっていた。

 開業予定地は、壬生町立睦小学校近くの「六美町北部土地区画整理組合」の事業地。ホームセンター大手のカインズやガソリンスタンドも併設する予定だ。北関東道の壬生インターチェンジ(IC)と、2023年以降に完成予定の下野スマートIC(仮称)の間にあり、交通の便の良さから県外客の入り込みが期待される。

 茨城県つくば市のつくばエクスプレス・研究学園駅近くに2013年にオープンした「つくば倉庫店」周辺では、盛況が続いている。同市産業振興課によると、同店は開発地区内に立地。周辺の商業施設も含め、県内の客に加え、県外からの来客も多いという。周辺地域の盛況ぶりは一概にコストコの影響とは言えないものの、担当者は「交通量が増加し、土日は特に混雑している。同店は地域のにぎわいの一角だ」と話す。

 壬生町の関係者も、「他店舗を参考にしても、県内外からの誘客が見込め、地域経済に与える影響は大きい。町を訪れるきっかけになって、町や県全体の活性化につながれば」と期待する。

 同社は同町への出店について、「現時点で公表できる情報はない。新規オープン情報については、公表できる段階になれば、順次開示していく」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2137900 0 ニュース 2021/06/19 10:00:00 2021/06/19 10:00:00 2021/06/19 10:00:00 準備が進められる建設予定地(14日午前10時39分、壬生町で)=三枝未来撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYTNI50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)