読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小学校にグランドピアノ寄贈 芳賀町の元教諭・手塚さん コツコツためたお金「子供たちのために使いたい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

手塚さん(前列中央)から寄贈されたピアノで校歌が演奏された(8日、芳賀東小で)
手塚さん(前列中央)から寄贈されたピアノで校歌が演奏された(8日、芳賀東小で)

 芳賀町 祖母井うばがい の元小学校教諭、手塚幸子さん(90)が、自宅近くの町立芳賀東小学校にグランドピアノを寄贈し、8日、同校音楽室で贈呈式が行われた。「生涯一教育者」を自認する手塚さん。「コツコツためたお金を子供たちのために使いたい」と寄贈を思いついた。15日には同型のピアノが生まれ故郷の母校、益子町立七井小にも贈られる。

 手塚さんは、1950年から芳賀町を中心に57歳まで教べんを執った。芳賀東小(旧祖母井小)は教員生活の振り出しの思い出深い学校。国語科が専門だったが、音楽主任なども務め、合唱や器楽合奏の指導をした。退職後には同町や真岡市などでフォークダンス教室を主宰。自らの戦争体験を語り継ぐ活動も行い、母校の県立真岡女子高の同窓会長も務めるなど、様々な活動を精力的に行ってきた。

 ピアノを贈ろうと思ったのは、昨年のクリスマスの頃。「90歳になり、プレゼントを贈り合う知人や、お金の使い道も少なくなった。生かされていることに感謝し、公のために何かをプレゼントしよう」と考えた。何をどこに贈るかと思い巡らした時、戦前、戦中の情け容赦ない時代を生きてきた自分の歩みを振り返り、「美しい心を育て、心を豊かにしてくれたのが音楽。あのころ憧れだったグランドピアノを贈ろう」と決めたという。

 寄贈の提案を受けた芳賀東小にはグランドピアノが3台あるが、「寄贈されるのはグレードが高いピアノ。音楽の授業や部活でパート練習するのにも複数あれば、うれしい」と歓迎した。

 この日の贈呈式には児童代表8人も出席。小林春彦校長が「温かい思いがこもった大切なピアノ。感謝の心を忘れずに大切に使わせていただきます」と感謝すると、手塚さんは「音楽は文字通り、音を楽しみ、心も体も豊かに育てるもの。このピアノの音色に合わせて心豊かに楽しく学校生活を送ってほしい」と、子供たちに語りかけた。

 6年生が校歌を演奏すると、メロディーに合わせ、手塚さんも楽しげに体を動かした。最後に女子児童が、「すてきなピアノの音を聞きにまた学校に遊びに来てください」とお礼のあいさつをした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2192221 0 ニュース 2021/07/09 05:00:00 2021/07/09 05:00:00 2021/07/09 05:00:00 手塚さん(前列中央)から寄贈されたピアノで校歌が演奏された(7月8日午後1時25分、芳賀町祖母井で)=小堀日出春撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210709-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)