読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

那須塩原のパン店所有の空き地をサッカー場に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

子供たちの運動場として整備される空き地(28日、那須塩原市で)
子供たちの運動場として整備される空き地(28日、那須塩原市で)

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が続く中、子供たちが練習に打ち込める私設サッカー場「きらむぎサッカーパーク」が28日、那須塩原市東小屋にプレオープンした。

 整備をしたのは、那須塩原市のパン製造販売会社「パン・アキモト」の秋元信彦専務(41)ら有志。サッカー少年2人の父でもある秋元さんは、緊急事態宣言で、公共運動場が相次ぎ閉鎖されたことを受け、整備を決めた。

 場所は、同社所有の空き地1・4ヘクタールを活用した。秋元さんの思いに共感した協力者も現れた。市内のゴルフ練習場経営者は雑草を刈り、自転車ロードレースチーム・那須ブラーゼンの選手たちは刈った草を運び出し、縦68メートル、横50メートルの小学生用グラウンドが完成した。

 緊急事態宣言期間の9月12日までは、団体の利用を禁止するが、個人練習用に午前8時から午後5時半まで無料開放する。秋元さんは「子供が安心して運動できる環境を作るのも大人の役目。広い敷地なので、密にならない範囲で、キャッチボールなども自由に楽しんで」と呼びかける。

 今後、ゴールなども設置し、10月に本格オープンする予定。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2323447 0 ニュース 2021/08/29 11:00:00 2021/08/29 11:00:00 2021/08/29 11:00:00 整備された空き地に、サッカー用のラインを引くボランティア(28日午前11時29分、那須塩原市東小屋で)=折田唯撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210829-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)