読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イチゴ出来上々 栃木県壬生町で初出荷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イチゴの品質を見定める検査員(手前)と梁島部会長(25日、壬生町で)
イチゴの品質を見定める検査員(手前)と梁島部会長(25日、壬生町で)

 JAしもつけ いちご 部会による今シーズン初のイチゴの出荷作業が25日、壬生町福和田の集出荷場で行われた。

 この日は、今季から本格的な出荷が始まった「とちあいか」や、「とちおとめ」計300箱(4パック入り)が農家から持ち込まれた。傷みやつぶれ、大きさなどを検査員が1パックずつ検査。この後、東京の市場に運ばれた。

 梁島 源智もとのり 部会長(62)によると、今年は自然災害がなく、生育も順調なうえ、最近の冷え込みでおいしいイチゴができたという。出荷作業は今後、繁忙期のクリスマスシーズンを経て、来年5月末頃まで続く。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2469889 0 ニュース 2021/10/26 11:00:00 2021/10/26 11:00:00 2021/10/26 11:00:00 イチゴの検査をする検査員(手前)と梁島部会長(25日、壬生町福和田の青果物集出荷場で)=荒川隆史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211025-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)