日光に大衆演劇場「煌座」 こけら落とし公演にぎわう世界遺産おひざ元

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大衆演劇場のこけら落とし公演(21日、日光市安川町の日光煌座で)
大衆演劇場のこけら落とし公演(21日、日光市安川町の日光煌座で)

 世界遺産「日光の社寺」のおひざ元、日光市安川町に、大衆演劇場「日光 煌座きらめきざ 」がオープンした。21日のこけら落とし公演は、県内外の演劇ファンでにぎわった。

 コロナ禍で興行界が苦境にある中、「国内有数の観光地で大衆演劇とエンターテインメントの灯をともし続けよう」と、埼玉県所沢市のマネジメント会社「煌エージェンシー」(松本早奈英代表)が運営。1日3回の公演予定で あき 京一郎座長(43)率いる劇団のほか、ロック歌手やクラリネット奏者らが出演する。

 空き店舗を改装した劇場は、演者の息づかいが伝わるほど、観客との距離が近いのが特徴。最大130人収容できるが、当面は感染対策で80席に制限するという。

 「芝居」と「ショー」で構成する大衆演劇は通常、家族を中心とした一座が、全国の劇場などを月単位で巡業する。しかし、コロナ禍で地方公演ができなくなり、松本代表は「近年は活動拠点を構える劇団が増えつつある。多くの観光客が訪れる日光から大衆演劇の魅力を発信したい」と意欲を見せた。

 初日は2回の公演が行われ、ポップスを取り入れた舞踊ショーや歌舞劇、三味線ロックの歌手らがステージを盛り上げた。客席では、ひいき筋の女性が演者の胸元に「おひねり」を差し込む大衆演劇ならではの光景が見られた。

 問い合わせは日光煌座(070・1253・9543)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3025434 0 ニュース 2022/05/24 05:00:00 2022/05/24 05:00:00 2022/05/24 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)