栃木選挙区 演説分析 主張力点6者6様 教育政策や消費税

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

街頭演説で支持を訴える候補者(27日、県内で)
街頭演説で支持を訴える候補者(27日、県内で)

22日に公示された参院選では、栃木選挙区(改選定数1)に立候補した6人の候補者が、街頭演説などで主張を展開している。各候補者の演説を分析すると、教育政策、消費税、憲法など、それぞれ主張の力点に違いが見られる。

栃木選挙区で自民党の上野通子氏が3選

■共産・岡村氏

 共産党新人の岡村恵子氏(68)は28日、芳賀町で約16分50秒演説した。物価高に最も多い2割の時間をかけ、「物価高騰は、自民党、公明党の政策や、日本銀行の異常な金融緩和による円安で起きている」と指摘し、消費税減税を訴えた。憲法改正や防衛費増額への反対姿勢を示し、「軍事競争のエスカレートを招くだけだ」と主張した。

■立民・板倉氏

 立憲民主党新人の板倉京氏(55)は27日、益子町で約7分40秒演説した。税理士を20年務めた経歴に触れ、約7割を消費税減税など税制に費やし、演説で「消費税」を13回使った。板倉氏は「消費税ができてから法人税が減税されている。大企業 忖度そんたく の政治だ」と述べ、自民党政権について「お友達企業の方ばかり向いている」と批判した。

■自民・上野氏

 自民党現職の上野通子氏(64)は27日、那須塩原市で約7分半演説した。教育政策について「ライフワーク」とアピールし、出世払い型の奨学金制度の導入などを訴えた。新型コロナウイルスについても「大人と同じく不安や我慢を抱えている子供たちを支援していく」と述べたほか、「幸せを感じる町づくりの実現」を目指すとした。

■諸派・大隈氏

 政治団体「参政党」新人の大隈広郷氏(52)は28日、真岡市で約29分半演説し、「食・農業」に時間の約半分を使った。農家の廃業が相次いでいるとし、「お米を食べることで子供たちは健康的になる。健康的になって医療費を減らそう」と強調。「外国資本」にも時間を割き、「水源地を買われている。取り返せるようにする」と主張した。

■維新・大久保氏

 日本維新の会新人の大久保裕美氏(45)は28日、小山市で約7分50秒演説した。子供の貧困に最も多い2割強の時間を割き、「子供がやりたいことや勉強ができる社会を作りたい」と述べた。教育無償化にも言及し、「学費が払えなくてやめる子が増えている。大阪では18歳以下の教育費が無償だ。栃木でもやりたい」と訴えた。

■N党・高橋氏

 NHK党新人の高橋真佐子氏(57)は22日、宇都宮市での第一声で約8分半演説した。NHKの受信料問題に演説の約9割を費やし、冒頭の自己紹介と結びの部分を除くと、全てNHKについて時間を使った。高橋氏は「『NHKを見ない人は払わない。見る人は払う』という公平な受信料の制度に変えていきたい」と述べた。

◇栃木選挙区候補者の主な演説内容(読売新聞調べ)

     1           2          3         

岡村氏  物価高(約2割)    平和外交(約1割)  改憲反対(約1割) 

板倉氏  消費減税(約7割)   物価高(約1割)   政権批判(1割弱) 

上野氏  教育政策(約4割)   新型コロナ(約2割) 幸福な社会(約1割)

大隈氏  食・農業(約5割)   外資規制(約1割)  消費税(約1割)  

大久保氏 子供の貧困(2割強)  教育無償化(約2割) 介護(約1割)   

高橋氏  NHK受信料(約9割)                      

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 栃木選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3122112 0 ニュース 2022/06/29 10:00:00 2022/06/29 10:00:00 2022/06/29 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYTNI50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)