<3>企業でも ヤットサー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

閉店後に練習に励むそごう連のメンバー(徳島市で)
閉店後に練習に励むそごう連のメンバー(徳島市で)

 ◇週3日 本格的な指導

 オフィスビルの一室から「ヤットサー」のかけ声や鳴り物の音が聞こえる。会社や事業所ごとに参加する「企業連」の練習だという。徳島市内はどこもかしこも阿波おどり。これが徳島の夏かと実感させられる。

 百貨店「そごう徳島店」前の広場では、閉店から30分後の午後8時、着替える間を惜しむ店員らが、各職場の制服やスーツ姿で三味線を弾き、手を上げて足を運び、踊り出した。

 同店では35年前の開店と同時に連を結成。この時期になると、有名連の踊り手を招くなど週に3日ほど、本格的な指導を受ける。「地域のお客様へ感謝の気持ちを込めて踊り、異なる部署で働く社員の連携を深める機会にもなっている」と連のリーダー清水貴功さん(54)は入社時から参加を続けている。

 記者が「さゝ連」で練習を始めて1か月余り。仕事の後の練習に汗を流す人たちを見ながら、負けていられないといった気持ちがわいてきた。(浅野榛菜)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
33344 0 ぞめきのリズムにのせて 2018/07/22 05:00:00 2018/07/22 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180721-OYTAI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)