<6>踊る阿呆 笑顔誘われ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

女踊りに挑戦した浅野記者(徳島市で)
女踊りに挑戦した浅野記者(徳島市で)

◇本紙記者「さゝ連」参加

 15日に閉幕した徳島市の阿波おどり。6月に徳島支局に赴任した浅野榛菜記者は、有名踊り手グループ「さゝ連」に加えてもらい、練習に参加。この連載を担当するとともに、祭り本番で成果を披露した。

 「ヤットサー、ヤットサー、ヤット、ヤット」。甲高い掛け声に合わせて踊る女踊り。13日夕、「さゝ連」の一員として祭りに参加しました。

 鮮やかなピンク色の着物に身を包み、編みがさをかぶって、見た目はすっかり阿波女。しかし、緊張で顔がこわばっているのがわかり、手足までロボットの動きのようにぎこちなくなっていないかで頭の中はいっぱいでした。

 新町橋通り約200メートルを1往復。「カカンカカンカ」という始まりのかねの音が鳴ってからは約20分ぐらいあったはず。でも、必死で体を動かしているうちに終わってしまい、本当にあっという間でした。

 覚えているのは、ふと目に飛び込んできたたくさんの笑顔。隣の踊り手にも、沿道の観客にも。踊りを楽しむ踊り手と、それを見て喜ぶ人々が毎年、一つになって約400年の歴史を紡いできたのかと思うと、感動で胸が熱くなりました。

 阿波おどりに、しかも難しいとされる女踊りで挑戦すると決めたのは約1か月半前。指導してくれたさゝ連の女踊りのリーダー村上美沙希さんが「もっと自然に」と言っていたのを思い出しました。大切だったのは「この笑顔だったんだ」と。

 ようやく聞き慣れてきた2拍子の「ぞめき」のリズムがしばらく聞けないかと思うと寂しくなります。「ヤットサー」の掛け声には、「久しぶり!元気?」との意味があるという説を耳にしました。来年も踊りたい。その時はもっと練習してうまくなっていたい。そして何より、元気に明るく声を出して楽しもうと思っています。(おわり)

無断転載・複製を禁じます
36908 0 ぞめきのリズムにのせて 2018/08/16 05:00:00 2018/08/16 05:00:00 女踊りに挑戦する浅野記者(徳島市で)=矢野彰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180815-OYTAI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ