読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京新パンダ物語

飼育45年 希望の光…東京新パンダ物語(上)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

檻で囲まれた産室で、赤ちゃんを抱きながらエサを食べるシンシン。飼育員らがすぐそばで子育てをサポートできる(いずれも6月26日、台東区の上野動物園で)=東京動物園協会提供
檻で囲まれた産室で、赤ちゃんを抱きながらエサを食べるシンシン。飼育員らがすぐそばで子育てをサポートできる(いずれも6月26日、台東区の上野動物園で)=東京動物園協会提供

 上野動物園(台東区)で生まれたパンダの赤ちゃんは、12日に生後2か月を迎える。2011年に赤ちゃんの母親「シンシン」と父親「リーリー」が来園して6年。待望の赤ちゃんを授かり、45年に及ぶ上野の「パンダ飼育史」は、新たな歴史を刻み始めた。


子育て支援に積極介入

シンシンの胸に抱かれた赤ちゃん
シンシンの胸に抱かれた赤ちゃん

 1972年10月28日 カンカン、ランラン、

       18:50 無事羽田着

       20:30 動物園着


 上野動物園の飼育員が代々、記録している「パンダの飼育日誌」の1冊目は、この一文から始まる。現在157冊目となる日誌に今年、大きなニュースが記された。


 (2017年)6月12日

        10:57  破水初確認。

        11:52  1仔を出産。

 仔の状態良好でよく鳴く。母体は仔をよく抱き、()めて排泄(はいせつ)を促す行動もあり。


 6月、上野動物園にとって5年ぶりとなるパンダの赤ちゃんが生まれた。

 出産当日、今春まで園長を務めた土居利光さん(66)のもとに、福田豊・現園長から無事生まれたことを伝える電話が入った。

 「ああ、今生まれたんだな、と実感しました」

 5年前、同園で生まれたパンダの赤ちゃんがわずか生後6日で死んだ時、園長として記者会見で涙を流しながら状況を説明した土居さん。今回の出産は、待ちに待った希望の光だった。

日誌に並ぶ明るい言葉

赤ちゃん誕生を喜ぶ前園長の土居さん。今もパンダの保護活動に携わっている(港区の自宅で)
赤ちゃん誕生を喜ぶ前園長の土居さん。今もパンダの保護活動に携わっている(港区の自宅で)

 今から45年前、日中国交正常化を機に中国からやって来たカンカン・ランランを「1代目ペア」とすると、今回の赤ちゃんの両親であるシンシンとリーリーは「4代目ペア」となる。

 実は上野動物園では、この4代目ペアが2011年に来園してから、飼育方法を大きく変えた。中国との共同研究がスタートし、最新の研究成果にもとづくアドバイスを受けられるようになったのだ。

 たとえば、エサ。以前は、タケやササは少量で、栄養をつけさせようと、トウモロコシの粉などを()かした「パンダ団子」やおかゆ、リンゴ、ニンジンなどを日常的に与えていた。

 これに対し、シンシンとリーリーの食事は、ほとんどがタケとササのみ。タケは産地から取り寄せ、その日の気分に合わせて食べられるよう数種類をそろえる。

 「なるべく自然に近い形の方が、パンダの状態が良いことが分かってきたんです」。2頭が来園して半年後に園長に着任し、妊娠までの道のりを見守ってきた土居さんは振り返る。

 子育てへの「支援」の方法も変わった。従来の産室は壁で覆った薄暗い部屋で、母パンダを刺激しないよう人間はなるべく近寄らず、別室のモニターで監視。エサやりの際に観察していた。

 一方、シンシンの産室は人間がいつでもそばで観察できるように、(おり)で囲むスタイルに変えた。健康状態を把握しやすくなり、時には母乳の出を良くするために飼育員がシンシンの乳房のマッサージも施した。


 6月14日 機会があったため仔を取る。B.W.(体重)147g、体長14・3cm。仔、元気良好。


 生後2日。飼育員らは、シンシンの授乳が一段落した一瞬の隙を見逃さずに赤ちゃんを取り上げ、身体検査に成功した。過去の赤ちゃんが生後4~5か月頃にようやく検査に至っていることからみても、産室の改良は奏功したといえる。

 こうしたサポートのかいもあり、シンシンの子育ては順調だ。「ちゃんとエサを食べながら授乳しており、落ち着いた肝っ玉母さんだ」と、土居さんは喜ぶ。


 7月12日 外傷なく……検査結果は普通から少し大きめ


 未熟状態で生まれるパンダの赤ちゃんが順調に育つための一つの「山」とされる生後1か月。日誌には、明るい言葉が並んだ。

 「これから確実に体重を増やして、今度こそ、皆さんの前で元気な姿を見せてほしい」

 今も民間団体でパンダの保護活動に携わる土居さんは、願わずにはいられない。

無断転載・複製を禁じます
13783 0 東京新パンダ物語 2018/03/20 17:30:00 2018/03/20 17:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180320-OYTAI50004-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)