気の抜けない日々続く…東京新パンダ物語(下)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

和歌山からもエール

アドベンチャーワールドの子パンダ「結浜」(右)。母親に寄り添う姿が愛らしいと人気だ(7月25日、和歌山県白浜町で)
アドベンチャーワールドの子パンダ「結浜」(右)。母親に寄り添う姿が愛らしいと人気だ(7月25日、和歌山県白浜町で)

 夏休みが始まって間もない7月25日。和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」は、朝から多くの入園者でにぎわっていた。中でも注目を集めていたのは、生後10か月のジャイアントパンダ「結浜(ユイヒン)」(メス)だ。

 「こっち見た、かわいい」

 母パンダのまねをしてタケをかじったり、遊具の上で寝そべったり。コロンと丸い体が動くたびに、大きな歓声が上がった。

 同施設では、これまでに15頭のパンダが生まれ育ってきた。赤ちゃんパンダは、人間の子どもと同じようにちょこんと腰を据えて座り、両手を使って物を食べる。

 「高い所からお母さんの上に飛び込むなどおてんばで、甘えん坊。そんな姿が愛らしくて、皆を()きつけます」

 飼育員として過去4回のパンダの出産に立ち会った熊川智子さん(44)は声を弾ませた。そして、続けた。

 「でも、こんなに手のかかる動物はほかにいないな、とも思います」

 パンダの赤ちゃんは、最初は毛もなく、体重も150グラムほどと小さく、未熟状態で生まれてくる。

 母パンダは、赤ちゃんを抱いて温め、身体をなめて感染症から守り、授乳で栄養を与える。上野動物園の母パンダ・シンシンも、6月に出産してからしばらくは、自分はエサも食べずに赤ちゃんを胸に抱き、熱心に世話をしていた。

 生後40~50日で目が開き、同3~4か月頃から歩き始める。1歳頃に永久歯が生えそろい、硬いタケなども食べられるようになる。飼育員らはその過程を見守り、健康状態に気を配る。

 アドベンチャーワールドの結浜は今、体重が20キロを超え、元気に動き回っているが、行動範囲が広がったことで、身体の大きい親パンダの下敷きになる事故の心配も出てきた。同施設では飼育員らが夜中も常駐し、異変が起きればすぐ対応できる態勢を整えている。

 「パンダはちゃんと保全しないと育たない動物なのだと、改めて思います」

 パンダ飼育の難しさ、保護の大切さを知る熊川さん。東京都出身で「上野のパンダ」のファンでもあり、シンシンの出産の喜びは大きい。

 「一つハードルを越えたら、また次の課題がある。気を抜けない状態が続きますが、順調に成長している様子がうれしいですね」と語る。

 上野動物園のパンダの赤ちゃんの名前公募は今月10日で締め切られ、インターネットだけで全国から20万件以上の応募が寄せられた。

 日本で生まれたパンダは、大きくなると繁殖のために中国へ返されるが、日本で付けた名前が中国でもそのまま使われる可能性がある。

 アドベンチャーワールドのパンダは、地元・白浜から取った「浜」の字が使われている。熊川さんによると、中国に戻った後も繁殖で実績を残し、現地では「浜家」と呼ばれて名門の系統となっているという。

 上野動物園の赤ちゃんの名前は、生後100日を迎える9月下旬には発表される見込みだ。福田豊園長(57)は、「みんなに夢を与えるような名前がついて、たくさんの人に愛される存在になってほしいですね」と、願いを語った。

 

無断転載禁止
13793 0 東京新パンダ物語 2018/03/20 17:40:00 2018/03/20 17:40:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180320-OYTAI50011-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ