街彩る染の小道 新宿中井駅周辺

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

川の上にかけられた反物の彩りを楽しむ人たち(22日午後、新宿区で)=吉川綾美撮影
川の上にかけられた反物の彩りを楽しむ人たち(22日午後、新宿区で)=吉川綾美撮影

 西武新宿線中井駅(新宿区)周辺を染め物で彩るイベント「そめの小道」が22日始まり、妙正寺川の上に約150枚の反物がかけられた。

 この地域では、大正末期から染色工房が連なり、昭和30年頃までは川で布を洗っていたという。好天に恵まれたこの日、多くの人が風に揺れる反物の彩りを楽しみながら、かつての様子に思いをはせていた。

 このほか、友禅染など染色されたのれん109枚が商店などにかけられている。24日まで。

無断転載禁止
457315 0 ニュース 2019/02/23 05:00:00 2019/02/23 05:00:00 2019/02/23 05:00:00 川の上に反物がかけられた「川のギャラリー」を楽しむ人たち(22日午後1時1分、東京都新宿区で)=吉川綾美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190222-OYTNI50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ