五輪パラ交通対策地図 混雑緩和でおもてなし 東京商議所 会場案内QRコードで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京商工会議所が作った「2020交通対策ハンドマップ」
東京商工会議所が作った「2020交通対策ハンドマップ」

 東京五輪・パラリンピック中の混雑緩和につなげるため、東京商工会議所(千代田区)は、各競技会場への交通案内や、円滑な大会運営のために実施される交通規制といった情報を、QRコードで手軽に入手できるマップを作った。今後、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会や都などが新たな交通対策を公表するのに合わせ、順次情報を更新していくという。

 大会期間中は国内外から1000万人が都内を訪れるとされ、道路の渋滞や公共交通機関の混雑が懸念されている。

 同会議所が作った「2020交通対策ハンドマップ」はA2判のオールカラーで、折りたたむとA5判のサイズとなる。首都圏の地図に五輪・パラの主要会場を書き込み、大会関係者が使用するルートを明示したほか、各高速道路で実施される料金上乗せや夜間割引などの対策を紹介。また、各会場についても競技日程や最寄り駅などを記し、QRコードでより詳細な情報を把握できる。同マップは初版16万部発行。会員企業(約8万社)に配るほか、春以降には都と連携し、企業向けの説明会などでも配布していくという。

 同会議所の担当者は「スムーズで快適な交通環境を整えることが、地元経済団体としてできる最大のおもてなしになる。マップが少しでも交通混雑緩和につながってもらえれば」と話している。

無断転載禁止
1010205 0 ニュース 2020/01/21 05:00:00 2020/01/21 05:00:00 2020/01/21 05:00:00 東京商工会議所が作成した「2020交通対策ハンドマップ」=松原靖郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200120-OYTNI50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ