明治神宮にシカのオブジェ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

神宮の森に現れたシカのオブジェ(20日、渋谷区の明治神宮で)
神宮の森に現れたシカのオブジェ(20日、渋谷区の明治神宮で)

 世界で注目を集める芸術家の作品や、国内各地から奉納された花々を楽しめる「神宮の杜芸術祝祭」(実行委員会など主催、読売新聞社など後援)が20日、明治神宮(渋谷区)で開幕した。文化芸術の祭典「日本博」の一環で、来年3月末までの間、各種の美術展やシンポジウムなどを開催し、国内外からの来場者に日本の自然や文化を伝えていく。

 芸術祝祭は、「『祭る。祈る。創る。』―持続可能な自然と芸術文化―」がテーマで、明治神宮の創建100周年事業とも連携している。神宮内苑の森では、美術展の一つとして、野外彫刻展が始まった。宮城県石巻市で展示していた巨大なシカのオブジェ「White Deer(Oshika)」の制作者で彫刻家の名和晃平さん、現代美術作家の船井美佐さんら4氏の作品を展示している。

 名和さんの作品は、石巻のものと同様に空を見上げているシカのオブジェで、高さは3メートルほど。名和さんは「石巻の作品ともつながる。前向きで、すがすがしい気持ちを込めている」と話す。オブジェを撮影していた香港出身の会社員女性(35)は、「神宮の森の雰囲気にも合っていて神秘的だ」と話していた。

 参集殿の近くでは、全国各地から届いた花々を展示する「サンクスフラワー・プロジェクト」も開かれている。東北6県で育った桜の枝約400本が飾られ、福島県から運んだ高さ約6メートルの桜2本も満開の花を咲かせる見込みだ。

 期間中のイベントは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部で中止、延期が決まっている。詳細は公式サイト(https://jingu-artfest.jp/)。

無断転載禁止
1119267 0 ニュース 2020/03/21 05:00:00 2020/03/21 05:00:00 2020/03/21 05:00:00 神宮の森に現れたシカのオブジェ(3月20日午後4時5分、明治神宮で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200320-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ