知事選ネットが主戦場 きょう告示 多くの陣営密回避

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小池百合子知事の任期満了に伴う都知事選が18日、告示される。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多くの人が集まる街頭での演説を減らしてインターネット上の情報発信に力を入れる陣営も目立ち、異例の幕開けとなりそうだ。

 再選を目指す小池氏は、新型コロナ対策や公務を優先させる。街頭演説に代わり、有権者へのメッセージ動画をネット上で配信する。

 立憲民主、共産、社民各党が支援する元日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏は新宿区の都庁前で演説後、ウェブ会議システムで都政の課題を語るという。

 日本維新の会が推薦する前熊本県副知事の小野泰輔氏は、繁華街の新宿・歌舞伎町で同会の参院議員らと第一声を上げる。その後、各地を遊説する予定だ。

 NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏は、都庁前で演説後、渋谷でも街頭に立つという。れいわ新選組代表の山本太郎氏は「多くの人が集まる事態を避けたい」(陣営)として、演説場所は公表しない方針だ。

無断転載・複製を禁じます
1283950 0 ニュース 2020/06/18 05:00:00 2020/06/18 05:00:00 2020/06/18 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ