ひとり親支援弁当配布 港区 7~10月の平日、無料で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けているひとり親家庭の食事を支援するため、港区は7月~10月の平日の60日間、夕飯の弁当の無料配布を行う。児童扶養手当の受給者や、新型コロナの影響で収入が受給者と同程度まで減った人などが対象だ。

 ひとり親は非正規雇用で働く人も多く、新型コロナで仕事が減ったり失業したりして、経済的な打撃を受けやすい傾向にある。このため、区が1食800円相当の弁当を世帯の人数分配布して家計の食費の負担を軽減し、栄養バランスのとれた夕食を提供することで生活再建を支える。

 配布は7月13日~10月9日。メニューを専用のホームページで確認して予約し、児童館など指定された場所で午後5時~7時に弁当を受け取る。障害児を育てるなどし、指定場所に行けない家庭には配送する。

 区は、対象を約1400世帯と見込んでおり、児童扶養手当の受給対象世帯には案内を郵送。収入が減少するなどして条件に該当する希望者は、区のホームページから書類をダウンロードし、区子ども家庭課に提出する。

無断転載・複製を禁じます
1307096 0 ニュース 2020/06/29 05:00:00 2020/06/29 05:00:00 2020/06/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ