銀座ホコ天50年

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

50年を迎えた銀座の歩行者天国(2日、中央区で)=三浦邦彦撮影
50年を迎えた銀座の歩行者天国(2日、中央区で)=三浦邦彦撮影

銀座ホコ天愛され50年 銀座の歩行者天国が2日、1970年(昭和45年)の初実施から、ちょうど50年を迎えた。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、長い歴史のなかで初めて約2か月半にわたって歩行者天国を中止した。再開した現在も感染の拡大防止のため、パラソル、机、ベンチを出していない。

 「銀座通連合会」の竹沢えり子事務局長は「50年続けてこられたのは銀座の誇り。銀ブラという言葉があるように、歩いて楽しい街が根本にある。これからも続けていきたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1382370 0 ニュース 2020/08/03 05:00:00 2020/08/03 05:00:00 2020/08/03 05:00:00 初めての実施から50年を迎えた銀座の歩行者天国を歩く人たち(2日午後2時20分、東京都中央区で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ