夢のNBA燃やす情熱 コロナ禍でも「挑戦したい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ファンに手を振り応援を盛り上げる小笠原さん(サンロッカーズ渋谷提供)
ファンに手を振り応援を盛り上げる小笠原さん(サンロッカーズ渋谷提供)

 プロバスケットボール・Bリーグの「サンロッカーズ渋谷」で専属チアリーダーとして活躍した小笠原礼子さん(34)が、米プロバスケットボール協会(NBA)のチアリーダー入団試験を目指している。新型コロナウイルスの影響で試験日程は未定だが、「次はいつ挑戦できるかわからない。自分の実力を試したい」と意気込んでいる。(鍜冶明日翔)

 小笠原さんは青森県藤崎町出身。県立弘前中央高校で応援団に入り、「衣装がかわいい」と憧れてチアリーダーになった。東北学院大(仙台市)で、組み体操のように人を乗せたり飛ばしたりする「競技」としてのチアリーディングを本格的に始めた。

 卒業した2008年、上京して社会人チーム「DEVILS(デビルス)」に入団。水泳教室のコーチや、通信制高校の英語教諭として働きながら、技術に磨きをかけると、4年後には全日本クラブチーム選手権で日本一に輝いた。16年の競技引退後は、サンロッカーズ渋谷のチアリーディングチーム「サンロッカーガールズ」に加入し、試合会場を盛り上げた。

 転機は昨夏。全米からプロのダンサーが集まるラスベガスでの練習会に参加した。大人2人を肩に乗せて歩ける体幹の強さを生かし、ダンスは他のダンサーに引けを取らなかったつもりだが、「振り付けを自分のものにするまでの早さがすごかった」と驚かされた。会場には憧れのNBAダンサーもいて、「自分はどこまで通用するのか」とNBAのオーディションを受けると決心。今年6月、サンロッカーガールズを退団した。

 NBAのオクラホマシティー・サンダーでチアリーダーの経験があるサンロッカーガールズの石井尚子ディレクターによると、オーディションの倍率は高く、NBAの日本人チアリーダーはこれまで20人ほどしかいないという。石井ディレクターは「こんな時期に挑戦しなくてもと思ったが、それでも行くという情熱に圧倒された。ダンスは十分通用するので、自信を持ってチャレンジしてきてほしい」と背中を押す。

 勤務先の住宅設備機器販売業「橋本総業」(中央区)も、退職せずにオーディションを受けることを認めてくれた。上司の東京東支店長は「仕事に対する姿勢が良いのは、夢があってモチベーションが高いからだと思う。できる限り協力したい」とエールを送る。

 新型コロナの感染拡大を防ぐため、NBAは3月中旬、シーズンを一時中断。7月30日に再開したが、プレーオフがまだ終わっておらず、オーディションの予定は白紙だ。小笠原さんは「新型コロナの影響で一度は心が折れたが、まだ自分の納得するダンスに達していない。失うものはないので、挑戦したい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1468610 0 ニュース 2020/09/11 05:00:00 2020/09/11 05:00:00 2020/09/11 05:00:00 ファンに手を振り応援を盛り上げる小笠原さん=サンロッカーズ渋谷提供(1月4日、渋谷区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200910-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ