お化けと乗車 都電「ハロウィン号」運行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ハロウィーンの装飾が施された車内
ハロウィーンの装飾が施された車内

 今月末のハロウィーンを前に、都電荒川線でカボチャのお化けやコウモリの装飾を施した「ハロウィン号」が運行し、乗客や沿線住民の目を楽しませている。31日まで。

 ハロウィン号は、昭和初期の東京市電をイメージし、青と黄色の色調がレトロな「9002号」。車両の前後には、都立荒川商業高校の生徒がハロウィーンをモチーフにデザインしたヘッドマークが掲示されているほか、車内の窓や天井にはお化けや「HAPPY HALLOWEEN」と書かれたステッカーなどが貼られている。沿線の荒川区のシンボルキャラクター「あら坊」「あらみぃ」の仮装姿も登場している。

 同区と都交通局が共同で企画し、今年で9回目。区観光振興課は「普段から利用する地元の住民はもちろん、観光で訪れた方々にも季節感を楽しんでもらいたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1564045 0 ニュース 2020/10/21 05:00:00 2020/10/21 05:00:00 2020/10/21 05:00:00 ハロウィーンの装飾が施された車内(13日、荒川区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201020-OYTNI50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ