読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

初詣念入り「密」対策 寺社、コロナ警戒 参道に目印 「分散参拝を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

参拝客同士の社会的距離を保つため、一定の間隔で参道の砂利道に設置されたビニール製のチューブ(28日午後、渋谷区の明治神宮で)=菅野靖撮影
参拝客同士の社会的距離を保つため、一定の間隔で参道の砂利道に設置されたビニール製のチューブ(28日午後、渋谷区の明治神宮で)=菅野靖撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、例年なら多くの人でにぎわう初詣に向け、都内の寺社が感染防止策に知恵を絞っている。参拝客同士の間隔が保てるよう参道に目印を付けたり、分散参拝を促したりし、各寺社は「密」を回避した参拝を呼びかけている。

■明治神宮

 明治神宮(渋谷区)は28日、参拝客が密集するのを防ごうと、参道に客同士の間隔を空けるための目印を設置。神職らが石畳にテープを貼り、砂利道にはビニール製のチューブを結んだくいを打ち込んだ。

 明治神宮は31日から1月1日にかけて夜通し参拝できる「終夜参拝」を中止にした。1日は午前6時に開門する。終夜参拝の中止は、太平洋戦争中の1941~45年末以来という。

 参拝客の動線は一方通行にし、お守りやおみくじを授ける「授与所」は、社殿から離れた東西2か所に特設する。参拝前に心身を清める「手水舎」からはすでに柄杓ひしゃくを撤去し、水をためず柄杓も使わない臨時手水所を設置している。

 神楽殿で行う祈願も、巫女みこによる舞の奉納は行わず、時間を短縮する。800人の定員を200人にまで絞り、1組5人までとする。

■浅草寺

 正月三が日の参拝者数が例年約290万人にのぼる浅草寺(台東区)では、混雑状況が事前に把握できるように、境内本堂前の様子を、動画投稿サイト「ユーチューブ」の寺公式チャンネルで24時間ライブ配信する取り組みを今月11日から始めた。

 浅草寺の担当者は「例年より人数制限などが厳しくなることが予想され、待ち時間が長くなるかもしれない。配信を参考にして、あまり人が多くない日時を選んで参拝することも検討してほしい」と呼びかけている。

 また、例年は年明けから1週間ほど境内に約280の露店が並ぶが、今年は出店の取りやめを関係団体に依頼したという。

■湯島天神

 学問の神様・菅原道真をまつる湯島天神(文京区)では、初詣での混雑を避けるため、「幸先詣さいさきもうで」と称して年内に参拝することを呼びかけている。境内には正月用の大型のさい銭箱を例年より2週間早い今月上旬に設置。普段は新年から用意する縁起物の「御神矢ごしんや」なども、すでに授与を始めており、年内参拝に向けた体制を整えている。

 湯島天神の担当者は「参拝者から幸先詣に関する問い合わせも多い。年内のお参りでもご利益は変わらないと説明している」と話す。

 中学受験をする小6の長女(12)の合格祈願で、23日に湯島天神を訪れた中央区の女性(46)は「いつもは正月三が日に初詣に行っているが、感染対策を考え、混雑していない年内に参拝することにした」と話し、長女と共に手を合わせていた。

無断転載・複製を禁じます
1736609 0 ニュース 2020/12/29 05:00:00 2020/12/29 05:00:00 2020/12/29 05:00:00 初詣客同士の社会的距離を保つため、一定の間隔で参道の砂利道に設置されたビニール製のチューブ(28日午後、東京都渋谷区の明治神宮で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201228-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)