読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

飲食店弁当 役所で販売 練馬区

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

練馬区役所で行われている飲食業者の弁当販売(26日)
練馬区役所で行われている飲食業者の弁当販売(26日)

 新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店を支援しようと、練馬区は2月5日までの平日、区内の業者が弁当を売るスペースを区役所内に設けている。

 販売場所は本庁舎1階の一角。普段からテイクアウトやデリバリーを行っている延べ24店が毎日2店ずつ、午前11時半から午後1時まで販売する。参加店舗の一つ、中華料理店「唐苑」を経営する曹陽さん(45)は「時短営業で売り上げが激減しているので助かる」と話した。区は昨年4~5月と11月にも同様の取り組みを実施。延べ60店以上が参加した。

 コロナ禍の飲食店への場所提供を巡っては、都が昨年7月から、43か所の都立公園でキッチンカーでの営業を臨時に許可している。

 都によると、占有面積に応じた申請料を支払えば、1回の申請につき2週間、原則として午前9時から午後5時まで営業できる。

 長引く新型コロナの影響に伴い、都は昨年11月までだった適用期間を今年度末まで延長。1月28日現在、計13事業者が芝公園(港区)や秋留台公園(あきる野市)などでの営業を申請している。

無断転載・複製を禁じます
1804455 0 ニュース 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 練馬区役所で行われている飲食業者の弁当販売(26日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210129-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)