読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

江戸川区 JAL乗務員を採用

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 江戸川区は4月、新型コロナウイルス禍で利用客数が落ち込んでいる日本航空(JAL)の客室乗務員35人を臨時職員として採用する。35人は最長で1年間にわたってマイナンバーカードの交付窓口や広報課、秘書課などで勤務するという。

 航空需要の減少で人件費を抑制する必要に迫られているJALは、昨年4月からグループ会社も含めた社員の外部への出向を始めた。JALによると、1日あたり約1000人が全国の企業や自治体などで働いている。

 これに対し、区は新年度に向けてマイナンバーカードの普及事業の強化を検討。区内に住民票を置く外国人も3月時点で約3万7000人に上っているため、語学力があり、顧客対応にも習熟した人材を求め、JALに受け入れを打診していた。

 区によると、客室乗務員のうち、30人はマイナンバーカード関係の事務を担当し、5人は企画・運営部門に配属される。区役所での勤務は週4日ほどで、残りは客室乗務員としての業務に当たるという。

 区の担当者は「客室乗務員の接遇技術を区職員が間近で学べる貴重な機会となる。区民サービスの向上と職員の意識改革を図りたい」と期待しており、JAL側も「社外で様々な経験を積むことで、客室乗務員としてよりよいサービスを提供できるきっかけにしてほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1942464 0 ニュース 2021/03/28 05:00:00 2021/03/28 05:00:00 2021/03/28 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)