読売新聞オンライン

メニュー

シンシン双子出産 「元気に育って」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

パンダの赤ちゃん誕生を祝ってくす玉を割った二木理事長(右)と松坂屋上野店の朝比奈光子店長(23日午後1時36分、松坂屋上野店で)
パンダの赤ちゃん誕生を祝ってくす玉を割った二木理事長(右)と松坂屋上野店の朝比奈光子店長(23日午後1時36分、松坂屋上野店で)

 赤ちゃんパンダの誕生を受け、上野動物園がある台東区はお祝いムードに包まれた。新型コロナウイルス禍に負けない明るい話題で、双子という驚きも上野の街を駆け巡った。(長嶋徳哉)

 台東区にある松坂屋上野店では23日午後、くす玉を割るイベントが開かれた。上野観光連盟の二木忠男理事長(67)が「上野にとって至極の喜び」とあいさつし、くす玉を割ると、中から「祝 赤ちゃんパンダ誕生!!」と書かれた垂れ幕が現れた。買い物客も足を止めて拍手を送り、イベント後には、パンダがあしらわれた金太郎あめが配られた。

 店を訪れた女性(37)は「めいが双子なので親近感がわいた。公開されたらぜひ一緒に会いに行きたい」と笑顔を見せた。同店は29日まで記念セールを開催する。

 双子誕生のニュースは、23日朝に一斉に報じられた。台東区の服部征夫区長もコメントを発表し、「これからすくすくと育って、日本中の皆様に元気な姿を見せてもらいたい。『上野の宝』パンダの成長を見守っていく」と歓迎した。

 上野動物園の周りでも祝福の声が聞かれた。長男(4)と近くの公園で遊んでいた女性(42)は年間パスポートを持ち、頻繁に同園を訪れているという。「双子とはびっくり。元気に育ってほしい」と喜んだ。

 上野駅ではJRの改札やホームにある行き先の案内板に「上野駅一同、心よりお祝い申し上げます」とメッセージが表示された。上野マルイでも赤ちゃん誕生を祝う懸垂幕を掲げる。

無断転載・複製を禁じます
2150731 0 ニュース 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 赤ちゃん誕生を祝ってくす玉を割った二木理事長(右)と松坂屋上野店の朝比奈光子店長(6月23日午後1時36分、松坂屋上野店で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)