渋沢の功績 小中副読本 北区作成 授業で活用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北区教委が小学生と中学生向けに発行した渋沢栄一の副読本
北区教委が小学生と中学生向けに発行した渋沢栄一の副読本

 北区教育委員会は、「日本資本主義の父」とも呼ばれ、区内にゆかりのある実業家・渋沢栄一への理解を子どもたちに深めてもらうため、区立小中学校向けの副読本をつくった。各校での授業などに活用する。

 副読本の題名は「LOVE LIVE LEAD」。北区で暮らし、地元を「愛し、住み、世界をリード」した渋沢にちなんだといい、区立校の校長や教員が約1年半をかけてまとめた。

 約500の企業設立に携わった功績に加え、関わった歴史上の人物や国際平和のための活動などが、約85ページにわたってイラストや写真つきでわかりやすく紹介されている。小学3~6年の児童用と中学生用の2種類計1万4000部を発行し、国語や社会、道徳の授業で使われる。

 副読本には渋沢以外にも、同区に住んだ作家の芥川龍之介や、日本文化研究の第一人者であるドナルド・キーンさんも登場しており、畔柳信之・教育指導課長は「新紙幣への起用でも注目される中、日本の近代化を推し進めた渋沢の偉業を学び、区民であることを誇りに思ってもらいたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2399007 0 ニュース 2021/09/28 05:00:00 2021/09/28 05:00:00 2021/09/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210927-OYTNI50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)