弾痕 漏れ出る悔恨 旧日立航空機変電所

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

子どもたちの遊び声が響く中、ひっそりとたたずむ「旧日立航空機変電所」(21日、東大和市で)=青木瞭撮影
子どもたちの遊び声が響く中、ひっそりとたたずむ「旧日立航空機変電所」(21日、東大和市で)=青木瞭撮影
保存改修工事により、立ち入りができるようになった2階部分。配電盤や弾痕を間近で見ることができる
保存改修工事により、立ち入りができるようになった2階部分。配電盤や弾痕を間近で見ることができる
1945年4月24日に空襲を受ける変電所周辺の空撮写真(米国立公文書館所蔵、市立郷土博物館提供)。変電所は左上に位置していたとされる
1945年4月24日に空襲を受ける変電所周辺の空撮写真(米国立公文書館所蔵、市立郷土博物館提供)。変電所は左上に位置していたとされる
館内に残る傷が空爆の激しさを物語る
館内に残る傷が空爆の激しさを物語る
開館日には多くの見学者が訪れ、市立郷土博物館の職員による館内の解説も行われている
開館日には多くの見学者が訪れ、市立郷土博物館の職員による館内の解説も行われている

 子どもたちの遊び声が響く都立東大和南公園(東大和市)の一角に、無数の弾痕が残る「旧日立航空機変電所」がひっそりと立っている。第2次世界大戦中の空襲による痛ましい姿を通して、戦争の恐ろしさを後世に伝える貴重な遺構だ。

 「最初はお化け屋敷かと思って怖かった」。見学に訪れていた市内に住む女児(6)は、ただならぬ雰囲気を醸し出す建物の第一印象を語った。

 東大和市によると、変電所は1938年に建設された。軍用機のエンジンを製造していた日立航空機立川工場に隣接し、電気を変圧し供給していた。大戦末期には米軍の標的となり、45年に計3回の空襲を受けた。変電所内の作業員や周辺施設にいた人など計111人が亡くなったという。

 銃弾や爆弾の破片で300か所以上の傷が残ったが、建物の致命的な損傷は免れた。戦後は編み物機などを製造するように建て直された工場に電気を送っていた。93年、工場の市外移転によって変電所の取り壊しが計画されたが、保存を望む人たちの要望で、市が所有元から寄贈を受けて管理することになった。

 老朽化により、2020年から保存改修工事が行われ、今年10月から一般公開が再開された。これまで立ち入ることができなかった配電盤などがある2階も見学できるようになった。

 開館日は水、日曜日で、平日は200人、休日には500人ほどが訪れている。

 見学を終えた女児は「こんなに硬い壁を撃ち抜いてしまう銃を人に向けるなんて信じられない。戦争はだめだと思った」と悲惨さを痛感していた。

 変電所を案内する市立郷土博物館の滝本邦正さん(72)は「無残な姿が残る2階を公開することで、当時の悲劇をより身近に感じてもらえると思う。犠牲になった若者たちの無念を、今を生きる同じ世代にも感じ取ってほしい」と話していた。

(写真と文 青木瞭)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2553447 0 ニュース 2021/11/28 05:00:00 2021/12/12 18:55:32 2021/12/12 18:55:32 子どもたちの遊び声が響く中、ひっそりとたたずむ(21日、東京都東大和市で)=青木瞭撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211127-OYTNI50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)