五輪レガシー 新たな鼓動

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

通年でアイススケートなどが楽しめる「東京辰巳アイスアリーナ」のイメージ
通年でアイススケートなどが楽しめる「東京辰巳アイスアリーナ」のイメージ
都市型スポーツを集約した「有明アーバンスポーツパーク」のイメージ(いずれも都提供)
都市型スポーツを集約した「有明アーバンスポーツパーク」のイメージ(いずれも都提供)

 都は、東京五輪・パラリンピックで整備した施設の活用方法などをまとめた「TOKYOスポーツレガシービジョン」を策定した。パラアスリートの練習拠点や、水球会場を改修したアイスアリーナを整備するほか、大会で使用した5か所の施設を4月以降、順次開業していく。

 サッカーなどに使われた調布市の東京スタジアム内には2022年度末、車いすバスケットボールなどの練習ができる「都パラスポーツトレーニングセンター」が開業する。

 水球会場となった「東京辰巳国際水泳場」(江東区)は25年度、都立施設として初めて通年でアイスリンクを備えた「東京辰巳アイスアリーナ」に生まれ変わる。一般向けの利用のほか、年間約20回の大会利用を想定。アイスショーなどの興行利用も見込む。

 また、メダルラッシュに沸いたスケートボードなど都市型スポーツを集約した「有明アーバンスポーツパーク」も江東区に整備する。スケボーの初心者コースに加え、3人制バスケットボールのコートや、ボルダリングが楽しめる屋内施設などを設ける。

都「ビジョン」 5施設、4月以降に開業

 このほか、大会に合わせて新設した6施設のうち、すでに一般向けに開業した「夢の島公園アーチェリー場」(江東区)以外の5施設は4月以降、来年4月頃までに順次開業する。都は、各施設の開業時にスポーツ体験会や施設見学会を行うほか、施設を巡る「レガシーツアー」も企画している。

 都によると、07年に39・2%だった都民のスポーツ実施率は、21年に68・9%に上昇した。都は、大会が都民のスポーツへの関心を高めたとみており、大会後も施設を有効活用することでさらなるスポーツ振興を図りたい考えだ。また、各地にある都立公園や区市町村立の運動施設のバリアフリー化も推進する。

 TOKYOスポーツレガシービジョンの策定に際し、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、「都市におけるスポーツ活動を更に振興し、このレガシーを活用していく都のビジョンを歓迎する」とのコメントを寄せた。同ビジョンは、都のホームページで見ることができる。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2726765 0 ニュース 2022/02/03 05:00:00 2022/02/03 07:48:35 2022/02/03 07:48:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220202-OYTNI50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)