ぬいぐるみの「専門病院」 繕って思い出再生

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ぬいぐるみの「治療」をする「杜の都なつみクリニック」院長の箱崎菜摘美さん
ぬいぐるみの「治療」をする「杜の都なつみクリニック」院長の箱崎菜摘美さん

 台東区にある「杜の都なつみクリニック」は、ぬいぐるみの修理を手掛ける「専門病院」だ。

「私の本棚」営業中

 持ち込まれるのは、長年使われて穴が空いたり、毛が抜けてしまったりしたぬいぐるみ。白衣を着た「医師」が、傷んだ布の交換や植毛などをほどこし、きれいによみがえらせる。

生地の傷んだ部分は、周りの色と合わせて交換する。右は交換用の生地の見本
生地の傷んだ部分は、周りの色と合わせて交換する。右は交換用の生地の見本

 「ただ新品のように修理するのではなく、もとの表情や雰囲気を残すことを心がけている」と院長の箱崎菜摘美さん(36)は話す。

 仙台市出身の箱崎さんは洋裁の専門学校を卒業後、衣服やバッグなどの修理をする会社に就職。仕事でぬいぐるみを修理した際に、退院した家族を迎えるように喜ぶ依頼者の姿に心を動かされた。「ぬいぐるみ専門の病院をつくれないか」。東日本大震災を経験する中で「後悔のないようやりたいことに挑戦しよう」との思いを強くし、2016年に地元・仙台市で開業した。

クリニックには6人の「医師」がいて、月に約100体を治療している
クリニックには6人の「医師」がいて、月に約100体を治療している
抜けてしまった毛の植毛作業。毛糸を縫い込み、はさみで細かく切って周囲となじませる
抜けてしまった毛の植毛作業。毛糸を縫い込み、はさみで細かく切って周囲となじませる

 腕が評判を呼び、次第に県外や海外からも依頼者が訪れるようになった。アクセスの良い場所を探し19年には台東区に移転。学生時代の友人らも集まり現在は6人体制で「治療」にあたる。

 値段は傷みの少ないもので1万~2万円、大きなものになると数万円することもあるが、予約は半年待ちで依頼者は絶えない。月に約100体を修理し、これまで修理したぬいぐるみの数は1万3000体を超えた。

持ち込まれたぬいぐるみの体重測定。実際の治療さながらに手当てが行われる。経過はクリニックのサイトに載せて依頼者が見ることが出来る
持ち込まれたぬいぐるみの体重測定。実際の治療さながらに手当てが行われる。経過はクリニックのサイトに載せて依頼者が見ることが出来る

 病院の入り口には治療を終えたたくさんのぬいぐるみが並ぶ。ぬいぐるみたちは家族の迎えを待ちかねているように見えた。

(写真と文 富永健太郎)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2775385 0 ニュース 2022/02/20 05:00:00 2022/02/22 16:04:19 2022/02/22 16:04:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220219-OYTNI50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)