福生地酒、ふるさと名物に…市が「応援宣言」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福生市は、国の地域振興支援制度に基づき、地酒の清酒をPRして地域活性化を図る「ふるさと名物応援宣言」を行った。市内の事業者が国の補助金を受けやすくなり、応援宣言に関する国の公式サイト「ミラサポ」で情報発信できる。

 市内には老舗の酒造会社が2社あり、市は応援宣言で「伝統の中にも独自性を持ち、丁寧に造る地酒として、地域内外へ発信しています」と紹介。市のホームページにも掲載した。市シティセールス推進課の担当者は「宣言が全国の人に届いて、地酒の地域ブランドの強化と消費拡大につながれば」と話している。

 多摩地域で応援宣言をした自治体は、檜原村に次いで2番目。檜原村は木材・木工製品をPRしている。

401916 0 ニュース 2019/01/27 05:00:00 2019/01/29 10:32:24 2019/01/29 10:32:24

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ