梅かぐわしく春の足音 府中

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃を迎えた早咲きの梅(2日、府中市で)
見頃を迎えた早咲きの梅(2日、府中市で)

 府中市南町の郷土の森博物館で2日、「梅まつり」が始まった。早咲きの梅は見頃を迎え、カメラを手にした来場者らでにぎわっている。

 市の花でもある梅は、敷地内に約60種約1100本が植えられている。同博物館によると、「紅千鳥」など数の多い遅咲きの見頃は、2月中旬から3月上旬の見込みだという。

 妻と訪れた同市押立町の柳沢悟郎さん(62)は「梅は香りも楽しめ、春が近づいたと感じます。満開の時は子どもたちも連れてきたい」と話していた。

 入場料は大人300円、4歳から中学生150円。3月10日までのまつり期間中は無休。問い合わせは、同博物館(042・368・7921)。

420034 0 ニュース 2019/02/03 05:00:00 2019/02/03 05:00:00 2019/02/03 05:00:00 早咲きが見頃を迎えた梅(2月2日、府中市の郷土の森で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190202-OYTNI50034-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ