仕事と家庭両立のヒント 武蔵村山市 冊子を発行

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 武蔵村山市は、仕事と家庭との両立をテーマにした冊子「0でも100でもない働き方ハンドブック」を発行した。市の担当者は「子育てや介護で仕事を諦めてしまった人や、人材の確保や育成に取り組む経営者に役立ててもらえれば」と話している。

 冊子では、コミュニケーション能力や子育ての経験などに着目し、女性を積極的に採用している市内や近隣の経営者の声を紹介。「時短正社員」「自宅作業OK」など、育児や介護をしながら働きやすい制度を取り入れている経営者たちの座談会も収めた。

 また、仕事への復帰や子育てを支援する国や自治体などの制度について説明。設問への回答から性格を「人を助ける人」「調べる人」など9タイプに分け、適した働き方や職種を案内する欄もある。

 A5判37ページ、無料。市役所や図書館、市商工会などで配布している。問い合わせは、市産業振興課(042・565・1111、内線227)。

446425 0 ニュース 2019/02/16 05:00:00 2019/02/16 05:00:00 2019/02/16 05:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ