どの本当たる?図書館「縁日」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青梅で19日まで

 ゲームの結果に応じて借りる図書を決める「春のとしょかん縁日」が、青梅市中央図書館の児童書コーナーで開かれ、子どもたちが本との偶然の出会いを楽しんでいる。「こどもの読書週間」に合わせ、同館が縁日の催しをイメージして企画した。

 くじで本を選ぶ千本引き、折り紙の金魚を使った金魚すくい、紙製のたこ焼きを箸でつかんで並べるゲームの三つを用意した。金魚やたこ焼きなどに書かれた番号に従って、職員がおすすめの児童書を貸し出す。

 子どもたちは赤や黄色の金魚をすくい上げたり、丸いたこ焼きを箸で器用につかんだりしていた。

 「縁日」は19日まで。問い合わせは同館(0428・22・6543)。

無断転載禁止
575058 0 ニュース 2019/05/10 05:00:00 2019/05/10 05:00:00 2019/05/10 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ