町田市知財活用へ協定 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本弁理士会と新事業展開後押し

 町田市と日本弁理士会(千代田区)は13日、「知的財産の活用による町田市の地域活性化及び産業振興に関する協定」を締結した。市内の事業者による新商品やサービスの開発、新たな事業展開などを後押しする狙い。知的財産(知財)に関する啓発や人材育成に、連携して取り組む。

 弁理士会が都内の自治体と協定を結ぶのは初めて。弁理士による知財無料相談会やセミナーなどを開き、事業者の持つ技術やアイデアを権利化する必要性を伝えるとともに、特許権や商標権などのスムーズな取得と活用を支援していく。

 市役所での締結式で、石阪丈一市長は「町田市の産業振興のため、市内各企業の知的財産権の取得を進めたい」とあいさつ。弁理士会の正林真之副会長は「大きく発展してきた町田市には、たくさんの知財があるはず。まずそのことに気づいていただき、我々がお手伝いできれば」と述べた。

 市民らにも知的財産について知ってもらおうと、今秋にはシンポジウムの開催を予定している。

無断転載禁止
581059 0 ニュース 2019/05/14 05:00:00 2019/05/14 05:00:00 2019/05/14 05:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ