米軍ハウスで芸術今年も 住民男性継続呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

あすから立川でイベント

米軍ハウス前でイベントに向けた打ち合わせをするコリンズさん(右)ら
米軍ハウス前でイベントに向けた打ち合わせをするコリンズさん(右)ら

 今年も開催します――。米兵向けに建設された住宅「米軍ハウス」が多くある立川市高松町の「X―AREA(エックスエリア)」で18、19日、「ハウス・デ・アート・アンド・マルシェ」と銘打ったイベントが実施される。米兵の転居後に移り住んできた芸術家らが造形作品を展示し、野菜の販売なども行う。

 イベントは毎年開かれていたが、10回目の昨年でいったん終了した。しかし、過去に客として訪れていた男性の呼びかけで、今年も開催することになった。

 男性はイギリス出身のケン・コリンズさん(41)。「もったいない」と声を上げ、今年も展示作品を出すよう芸術家らに促したという。昨年3月からエックスエリアの一角に住み始めており、「住民の交流があってこそ10年も続いたイベント。地域活性化のヒントがある」と話している。

 今回は、造形作家・さとうそのこさんのアトリエなど4か所で作品を展示。レゲエバンドやジャズピアニストが出演し、演奏を披露する。午前11時から午後5時。雨天決行。

無断転載禁止
586642 0 ニュース 2019/05/17 05:00:00 2019/05/17 05:00:00 2019/05/17 05:00:00 イベントに向け、米軍ハウス前で打ち合わせをするコリンズさん(右)ら(立川市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190516-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ