四季折々の富士山 写真に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

笠取山から撮影した富士山の写真と石川さん(羽村市で)
笠取山から撮影した富士山の写真と石川さん(羽村市で)
雲海の中にそびえる赤富士をとらえた一枚。手前は水源林
雲海の中にそびえる赤富士をとらえた一枚。手前は水源林
朝焼けの向こうに見える富士山。右上には月
朝焼けの向こうに見える富士山。右上には月

 

羽村の石川さん撮影 21日まで展示

 羽村市の写真愛好家、石川孝さん(72)が四季折々の富士山を切り取った写真展「富士山を撮る」が14日、羽村市コミュニティセンターで始まった。山梨、埼玉両県にまたがる笠取山(1953メートル)から、神々しい富士山の姿をカメラに収めている。

 石川さんは都内の風景写真作家グループ「D撮んぼ」に所属。定年後の趣味にしようと、50歳から通信教育などで撮影技術を学んだ。「大河の源、東京の水源をとらえたい」との思いから、多摩川の源流がある笠取山で写真を撮っているうちに、頂上付近から見える富士山に魅せられた。10年ほど前からは毎週のように笠取山の山小屋に泊まるなどし、季節や時間で違った表情を見せる富士山を撮影し続けた。冬も山頂で夜明けを待ち、シャッターチャンスを狙ったという。

 会場には、雲海の中にそびえ立つ様子、朝焼けに染まった「赤富士」など44点を展示。石川さんは「見たことのない富士山を、見に来ませんか」と来場を呼びかけている。

 無料。21日まで。問い合わせは主催の「はむら市民ギャラリー運営委員会」の伊藤武司代表(090・6533・0229)へ。

無断転載禁止
691264 0 ニュース 2019/07/15 05:00:00 2019/07/15 05:00:00 2019/07/15 05:00:00 羽村市での個展の会場で展示作品の説明をする石川さん(13日、羽村市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190714-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ