あきる野映画祭最後の「映像市」 プレイベント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年で最後となる市民映画祭「あきる野映画祭」のプレイベント「映像市」が20日、あきる野市の五日市地域交流センターで開かれた。

 映像市は、西多摩地域ゆかりの人が作ったり、西多摩を舞台にしたりした自主制作作品を紹介。同映画祭ではフィルムコンテストを行っていたが、フィルム作品の減少で、2003年からはビデオ作品なども含めた映像市を開催している。

 今年は、市内の公園などで撮影された「殺し屋ジャスティス」など7本を上映。旧五日市町で見つかった「五日市憲法草案」がテーマの「みんなの憲法」(羽村幸子、亀田ねこ監督)がグランプリに選ばれた。羽村さんは「初めて作った映画。最後の映像市で受賞できてうれしい」と語った。

 映画祭本番は26日から3日間、五日市会館で開催。チケット料金や上映スケジュールは公式ホームページで確認できる。

無断転載禁止
700590 0 ニュース 2019/07/21 05:00:00 2019/07/21 05:00:00 2019/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ