府中舞台作品 露映画祭へ 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアでの上映について語る浅野監督(右)。左は長沼さん(都内で)
 ロシアでの上映について語る浅野監督(右)。左は長沼さん(都内で)

「くらやみ祭の小川さん」 W杯開幕戦で対戦PRへ

 府中市で撮影された映画「くらやみまつりの小川さん」が、14日にロシア東部のアムール州で開幕する「アムールの秋映画祭」で上映される。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会では、20日の開幕戦で日本とロシアが対戦。開幕戦が行われる東京スタジアムは府中市にも近く、関係者は上映を機に市をPRしたい考えだ。

 映画には俳優の六角精児さんらが出演。リストラで会社を早期退職した56歳の男性が、地域の人に助けられて前向きに生きていくストーリーで、そのきっかけになるのが同市の大国魂神社の伝統行事「くらやみ祭」への参加だ。けやき並木通りや競馬場など、市内の風景も多数登場する。

 映画は昨年撮影され、祭りを支える青年組織のメンバーや市民ら約800人のエキストラが参加した。制作費を賄うための協賛金集めでは、製作実行委員会に加わった地元の若手らの発案で、インターネットで資金を集めるクラウドファンディングも利用。市民や団体などから5200万円余りが寄せられた。

 映画祭では、ロシア語字幕で上映される。浅野晋康監督(41)は「ファミリーの物語であり、地域社会とつながっていく話。ありふれた男性の人生の一場面を描いており、ロシアでも『ああ、うちも一緒だな』と思っていただけるといい」と話している。

 一方、映画祭の主催者側に本作を紹介した地方創生支援機構の長沼啓司代表理事(59)(府中市在住)は、開幕戦を含めてW杯期間中に府中市内で行われるパブリックビューイングの日程や場所などを紹介したチラシ(日本語)や、「ラグビーのまち府中」のシンボルマークなどが入ったシール、府中市の観光パンフレット(英語版)、市のPR動画データなどをロシアに持参する。

 長沼さんは「W杯を機にロシアから日本を訪れる人も多いと思うが、映画以外でも府中を宣伝し、来てもらえるきっかけにしたい」と話している。

 「くらやみ祭の小川さん」は、TOHOシネマズ府中で10月25日に公開され、その後は全国で上映予定。問い合わせは製作実行委員会(042・362・2431)へ。

無断転載禁止
794759 0 ニュース 2019/09/14 05:00:00 2019/09/14 05:00:00 2019/09/14 05:00:00 ロシアでの上映について語る浅野監督(右)。左は長沼さん(都内で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190913-OYTNI50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ