駅の壁画ピッカピカ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

立川 ボーイスカウトが清掃

 JR立川駅で16日、立川市内のボーイスカウトが壁画の清掃を行った。子どもたちに社会貢献を実感してもらおうと、毎年9月の「スカウトの日」に行っている奉仕活動の一環で、同駅での清掃活動は初めて。

 この日はボーイスカウト立川第10団の団員約40人が参加し、駅自由通路にある陶製の壁画「光と緑のまつり」(高さ3・5メートル、幅10メートル)を清掃した。ハタキを竹の棒などの先に付けて、高い所の溝にたまったほこりを払ったり、表面を布で磨いたりと、汚れを落としていた。

 待ち合わせ場所としても親しまれている壁画は、1983年の設置以来、本格的に清掃されたことがあまりないといい、作業が進むにつれてくすみが落ち、色彩や光沢を取り戻していった。中学2年男子生徒(13)は「いつも通る場所なので、自分の手で清掃できたのはうれしい」と話していた。

無断転載禁止
798468 0 ニュース 2019/09/17 05:00:00 2019/09/17 05:00:00 2019/09/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ