ガンダムマンホールに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

稲城市に設置される「ガンダム」などのマンホールの蓋と、大河原さん(左)、井上さん
稲城市に設置される「ガンダム」などのマンホールの蓋と、大河原さん(左)、井上さん

稲城市イメージキャラも

 稲城市は25日、人気アニメ作品「機動戦士ガンダム」のガンダムなどをデザインした5種類のマンホールの蓋を設置すると発表した。29日までに市内各地の駅前にお目見えする。市によると、ガンダムをあしらったマンホールの蓋は全国で初めてという。

 ガンダムのメカニックデザイナー、大河原邦男さん(71)が同市に住んでいる縁で実現した。ガンダム(JR稲城長沼駅)のほか、同じく大河原さんが手がけた「ヤッターワン」(同南多摩駅)、「マグナムエース」(同矢野口駅)の蓋が設置される。

 京王線若葉台駅前には、大河原さんの「スコープドッグ」に加え、大河原さんとマルチクリエイターの井上ジェットさんが共作した市イメージキャラクター「稲城なしのすけ」の、井上さんがデザインした蓋も置かれる。

 市は来年1月15日~3月13日、5か所を巡ってもらうフォトラリーを実施。来年4月以降にはマンホールカードも発行する予定だ。

 記者会見で、大河原さんは「子どもの頃の遊び場だった多摩川を右に、里山を下に配置した。故郷への恩返しになれば」と述べた。井上さんは、父親も約30年前に相模原市のマンホールの蓋をデザインしたといい、「自分も携われたのは感慨深い」と話した。

無断転載禁止
917321 0 ニュース 2019/11/26 05:00:00 2019/11/26 05:00:00 2019/11/26 05:00:00 稲城市で登場する「ガンダム」などのマンホールと、大河原さん(左)、井上さん(右) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191125-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ