旧国立駅舎柄登場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

旧国立駅舎のマンホールカード
旧国立駅舎のマンホールカード

マンホールカード、14日から

 国立市は12月14日から、JR国立駅南口で再建工事が進む旧国立駅舎を描いた「マンホールカード」(縦8・8センチ、横6・3センチ)を無料配布する。

 マンホールカードは、全国各地の特色あるマンホールの蓋のデザインを紹介しており、コレクターも多い。国立市のカードは、1926年に建てられた赤い三角屋根の旧駅舎と満開の桜を描いた蓋のデザインを掲載し、裏面で由来を説明した。この蓋は、国立駅の北口と南口に1か所ずつある。

 市は、JR中央線の高架化に伴い2006年に解体された旧駅舎を再建し、来年4月から観光案内所などとして活用する計画だ。

 初回発行は4000枚。市役所3階の下水道課(21日以降の土日祝日は警備員室)で配布する。1人1枚まで。問い合わせは、同課(042・576・2111、内線182)へ。

無断転載禁止
926819 0 ニュース 2019/12/01 05:00:00 2019/12/01 05:00:00 2019/12/01 05:00:00 国立市が作成した旧国立駅舎のマンホールカードのデザイン https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191130-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ